STD/性病

周囲に感染を広げないために、STD(性感染症)に対する正しい予防と早期の治療が大事です。

STD/性病

STDとは「Sexually Transmitted Diseases」を略したもので、一般的に性感染症のことをSTDと呼びます。日本国内では男女合わせると約600万人がSTDに感染していると言われています。正しい予防と早期の治療が大事なので、心配な方は受診されることをおすすめします。

様々なSTDと性感染症の特徴

STDの主な病気を挙げます。
性器クラミジア感染症は病状が進むと痛みを伴いますが、初期段階では自覚症状を感じにくいです。男性の場合性器に膿が出ることもあります。
淋菌感染症(淋病)は古くからある病気で、膿が出たり尿の色が変わったり、また排尿時に痛みを感じます。
尖形コンジローマはHPVが粘膜や皮膚の細胞を増殖が起因の良性腫瘍で、亀頭部分にイボができます。
性器ヘルペスは亀頭付近に赤いブツブツ状のものができます。
カンジタは女性が発症しやすく、男性の場合ではかゆみや亀頭炎を引き起こします。
トリコモナスは男性だと自覚症状が低いですが、尿道炎を引き起こします。
エイズは有名な感染症で、日本国内でも感染者数が増加しています。

立川院でまずは診断を

日常的にはセックス時にコンドームを使用したり、 不特定多数の人との性行為を避けることによって感染を未然に防ぐことが出来ます。 早期に治療を受けることで周囲に感染するのを食い止めることも可能です。

性感染症(STD)に感染した恐れがある場合、そのままにしておくのは大変危険です。立川院では性感染症について専門知識が豊富な医師がそれぞれの病気ごとに丁寧に治療を行います。自由診療のため保険証には性病の検査や治療を行った記録が一切残りませんので、安心して治療を受けることが出来ます。自覚症状を感じていない方も、心配であれば一度ご相談下さい。

このような方におすすめします!
  • ・亀頭の周囲にブツブツ状のできものがある。
  • ・性器にしこりがあるような気がする。
  • ・セックス中または射精時に痛みを感じることがある。
治療したおかげで・・・
  • ・感染症から大事な恋人を守ることができる。
  • ・痒みや痛みのお悩みがなくなり、セックスを楽しむことができる。
注意事項・アフターケア
  • ・詳しくは各院までお問い合わせお願いします。
ご相談はお気軽に! プライバシーも厳守いたします。

フリーダイヤル 0120-323-878 | 開院時間 10:00~20:00

↑ページ上部へ